母や祖母から譲り受けた日用品

母から譲り受けた日用品として、台所用品があります。

母や祖母から譲り受けた日用品

母から譲り受けた日用品として、台所用品があります

男性 49歳
母から譲り受けた日用品として、台所用品があります。特に母は料理人という訳ではありませんが、愛用の包丁を譲ってもらいました。
母は自分で包丁を研ぐのが好きで、いつも切れ味鋭い包丁を使っていました。

もう20年くらい愛用し、何度も包丁を研がれたために形がだいぶ小さくなってきています。全く同じ型の包丁をデパートで見かけたのですが、サイズは4分の3くらいにまで減っているのです。
これだけ愛用している包丁ですから、私は新しい物を買うよと言ったのですが、母からぜひもらって欲しいと言われ、研ぎ方まで習ったので断ることができませんでした。

一人暮らしを始め、料理をすることを覚えましたが、母愛用の包丁で野菜を刻むと心地よいリズムが生まれ、キャベツの千切りなども上手に着ることができました。
月に一度は包丁を研いで切れ味が落ちないようにしています。そして、もう一本包丁を買って併用しています。もう一本をなぜ買ったかというと、私に子供が出来て子供が成人したときに、母から譲り受けたときのように子供に渡したいと思ったからです。

関連サイト