母や祖母から譲り受けた日用品

私の母から譲り受けた日用品は、自転車です。

母や祖母から譲り受けた日用品

私の母から譲り受けた日用品は、自転車です

男性 50歳
私の母から譲り受けた日用品は、自転車です。
ちょっと古い自転車ですが、何度も掃除や修理をして長持ちさせながら乗っています。
その自転車は何の変哲もない自転車、俗に言うママチャリですが、特徴はステンレス製で頑丈です。
そして赤くて女性向けです。
いくら綺麗に磨いても古いためにかなりさびているところもあり、友人には、「買い替えた方がいいのでは?」といわれます。
しかし、替える気は有りません。なぜならその自転車は、母が私たち兄弟を乗せて、毎日使っていた自転車だからです。

そのころは、前かごのところに子供用の椅子が付いていました。
子供が喜ぶようなミツバチの人形も付いていましたが、今は二つとも付いていません。
しかし、私は毎日この自転車に乗るたびに、汗を拭きながら、私や弟を乗せて母が忙しそうに、買い物に行ったり、幼稚園に送り迎えをしてくれたりしたことを思い出します。
この自転車に乗っていると、あれから、ずっと時間と愛情がつながっているような気がして、乗るたびに懐かしいような、ありがたいような気持ちになります。そういう気持ちを覚えていたくて捨てられないのです。