母や祖母から譲り受けた日用品

母や祖母から譲り受けた日用品といえば、健康サンダルとトングと包丁研ぎなどです。

母や祖母から譲り受けた日用品

母や祖母から譲り受けた日用品といえば

男性 40歳
母や祖母から譲り受けた日用品といえば、健康サンダルとトングと包丁研ぎなどです。
一人暮らしする時にいらないと言っているのに、無理矢理持たされた日用品でした。

それまでは健康サンダルは履かなかったのですが、引っ越しの時に履き初めてからは、今ではなくてはならないものになって無ってしまいました。
履いていないと足が気持ち悪いと思ってしまいます。ちゃんとツボを抑えてくれる健康サンダルで、最初は痛みがあり、こそばゆい感じがするのですが、今はスリッパにこのブツブツがないと逆に耐えられません。
トングもそれまでは重用した事は無いのですが、主に焼いたパンをトースターから取り出すときと、パスタをゆでて取り出す時限定で使っています。これも今では無くてはならない日用品となりました。

最後に包丁研ぎです。
家族で住んでいる時、包丁は誰かが研いでいたので研がずに済んでいました。

しかし、包丁はすぐに切れ味が悪くなるものです。
包丁を研ぐのが面倒くさいと思っていましたが、母に譲り受けた包丁研ぎ器は電動タイプなので、簡単にしかも安全に包丁を研ぐ事が出来ました。
いろんな材質の包丁に対応し、なおかつ手入れも簡単です。

今迄は不必要だと思っていた日用品ですが、母や祖母から譲り受けたという前提もあって、使ってみると便利で必要不可欠なものになってしまいました。